Latest Article

原因と治療の理解

頭を押さえる人

うつ病の症状は精神的なものと肉体的なものがあります。自分がうつ病だと思ったら無理をせずに早めに専門機関に相談しに行きましょう。治療を行う事でうつ病の症状を緩和させることが出来ますし、完治させることも可能でしょう。

Jump to the details...

他人からわかりにくい

話す人

外見にその症状が現れにくいのが、うつ病です。自分では築かないうちにうつ病にかかっている可能性がありますので、なるべく心療内科などで見てもらうことにすると良いでしょう。そうして早期に治療をすることが大事です。

Jump to the details...

肉体への影響

頭を抱える人

うつ病は心の病気とされていますが、精神面だけではなく、肉体的にも症状が現れる病気でもあります。うつ病を治療せずにそのままにしておくと自分で自分をコントロールすることが出来なくなりますので注意が必要です。

Jump to the details...

補助を受けられる

うつ病には症状が沢山ありますが、自分がうつと気づかない方も大勢います。早期対応出来るように、病気について学んだ方が良いでしょう。

うつ病治療にかかる費用

うつ病のチェックをしてみたところ、どうもそうではないかと思われる症状があるので治療を受けたい、しかしどのくらいの費用がかかるのか不安という人もいるでしょう。一般に、月数回通院し、抗うつ剤と抗不安剤とを処方されて月々7000円ほどが相場です。あまり安くはないかもしれませんが、かといってそう高くもありません。 もちろんうつ病の症状によって、多少治療が異なることもあります。その場合はもちろん、費用にも多少の変動があります。また、新型うつと呼ばれる種類のうつ病は、従来のうつ病とタイプが異なり、もちろん症状も違うため、治療もまた別の方法を採ることになります。ですから、一口にうつ病といっても、相場は様々であるといってもいいでしょう。

公的制度を利用してみよう

一方でうつ病には、公的支援制度もあります。1つは自立支援で、これを利用すると、経済優遇措置が受けられるようになります。たとえば現在は、社保、国保共本人負担は3割ですが、これが1割になりますので、医療機関にかけるお金がかなり削減されます。また、精神障害者保健福祉手帳というものもあり、これを持つことで、税金の控除があり、公共機関を無料で利用できるようになります。 また、休職制度を利用することで、通常の収入の3分の2が支払われます。支給期間は1年半ありますので、その間職場から離れ、自分と向き合うことで、症状が改善するケースもあります。それ以外にも、障害年金を受けるという選択もありますが、これはうつ病の診断を受けてから1年半を経過した後、初めて適用されるようになります。

New Article

リラックス法の導入

話し合う3人

うつ病の症状として、交感神経と副交感神経のバランスが崩れている症状があります。散歩をする、日光浴をする等で自律神経のバランスを改善する事ができます。悩みで緊張した心を解きほぐせる生活を修得するのが症状改善に欠かせません。

Jump to the details...

Pick Up

病気の発見

笑顔の女性

うつ病の症状は心の風邪といわれることもあるため、塞ぎこんでしまうようなイメージが強いはずです。しかしながら、実際には異様に明るくなるケースも有るため、症状について幅広く知るのが大切です。

Jump to the details...

再発させないために

両腕を広げる男性

うつ病はとても再発のしやすい病気と言われています。二度目、三度目を体験する方が多いですから、最初にうつ病の症状が現れたらしっかりと治療に専念することが重要になってくるでしょう。再発防止のためにも根治が重要です。

Jump to the details...

根拠となる要素

見上げる女性

うつ病の症状は明確な事例や基準があるため、罹患しているかどうかを判断できる基準として、根拠となる要素が多数あるのが特徴です。さらに、血液検査を行っていくことで、今後診察がさらに容易になるといわれています。

Jump to the details...